ホーム > 手数料・手続き

手数料・手続き

株式等の取引手数料

『使った分だけ支払う納得の手数料』
マルサントレードでは一日の約定代金をまとめて手数料を支払う「一日コース」が“定率方式”で計算されます。 よくあるのは「一日の合計約定代金○万円から×万円は手数料△円」という階段方式です。これでは「○万円も×万円も手数料は同じ△円」。マルサントレードでは「約定代金×0.0864%」なので「○万円と×万円の手数料は異なり」約定代金が少なければその分お客様にご負担いただく手数料は少なくてすみます。

インターネット取引手数料

転換社債の取扱について

  1. 2011年7月22日(金)をもってネットおよびコールセンターでの買い注文および他社からの移管を停止させていただきました。
  2. 2011年9月20日(火)のシステム移行後は、ネットからの売り注文を承ることができません。
  3. システム移行後のお取扱は、マルサントレードでお預かりしている転換社債の売却のみコールセンターで承ります。なお、システム移行後の転換社債の手数料は現行の手数料と同様です。
  4. システム移行後(2011年9月20日以降)は、転換社債及び国債等の債券は信用取引の代用有価証券としても取扱わなくなります。

コールセンター取引手数料

転換社債の取扱について

  1. 2011年7月22日(金)をもってネットおよびコールセンターでの買い注文および他社からの移管を停止させていただきました。
  2. 2011年9月20日(火)のシステム移行後は、ネットからの売り注文を承ることができません。
  3. システム移行後のお取扱は、マルサントレードでお預かりしている転換社債の売却のみコールセンターで承ります。なお、システム移行後の転換社債の手数料は現行の手数料と同様です。
  4. システム移行後(2011年9月20日以降)は、転換社債及び国債等の債券は信用取引の代用有価証券としても取扱わなくなります。

為替スプレッド(為替手数料)

  • 外貨建て債券、外国株式、外国投資信託(外貨建てMMFを含む)の売買に際しましては、為替スプレッド(為替手数料)がかかります。
    為替スプレッドは、当社の基準為替レートと、お客様のお買い付け時の適用為替レートおよびご売却時の適用為替レートの差です。

    お買い付けの場合  ・・・ 基準為替レートにスプレッド分がプラスされます。
    ご売却の場合  ・・・ 基準為替レートからスプレッド分がマイナスされます。

  • 当社の基準為替レートは、東京外国為替相場の実勢相場に基づいて決定されます。

為替スプレッド一覧(1外貨当たり)

通貨 スプレッド
米ドル ± 50銭
ユーロ ± 75銭
カナダドル ± 1円
英ポンド ± 1円
通貨 スプレッド
豪ドル ± 1円
ニュージーランドドル ± 1円
メキシコペソ ± 10銭
香港ドル ± 15銭

2017年4月1日現在

適用為替レートについて(商品ごとに異なります。ご注意ください。)

商品 適用される為替レート
外貨建て債券 ・11:00〜16:00までの30分刻みで当社が定めたレート
・メキシコペソは、13:00と16:00に当社が定めたレート
外国株式 ・国内約定日の10:00のレートを基準として当社が定めたレート
外国投資信託 ・原則として、国内約定日の10:00のレート
・外貨建てMMFは、11:00〜15:00までの30分刻みで当社が定めたレート
・ボンドセレクトトラストは、国内約定日の15:00に当社が定めたレート

※ 為替スプレッドは、予告なく変更することがあります。また、商品により取扱のない通貨があります。
詳細は、マルサントレードコールセンターにお問い合わせください。

その他手数料

口座管理料無料。即時入金サービスを利用すれば入金時の振込手数料も無料。
こちらでは入出金に関する費用、単元未満株の買取・売渡(買増)に関する費用など、取引以外にかかる費用についてご案内しています。

各種手続き

「転居して住所が変わった」そんな時どのような手続きが必要か。具体例に応じた手続き方法をご案内しています。手続き書類の請求方法の説明や、お問合せの多い書類には記入見本もご用意しています。お急ぎの際にご利用いただけるようインターネット上でファイルダウンロードできる書類も多数揃えてあります。手続きについてお困りのことがありましたらこちらをご確認下さい。

株式公開買付(TOB)の応募

株式公開買付(TOB)とは、通常の証券取引所を経由した買付けではなく、公開買付者が「買付期間」、「株価」、「買付予定数」などを公表し、不特定多数の株主から直接的に株式の買付を行うことです。主に、企業買収や自社株の取得の際などに用いられます。 公開買付者は、公開買付代理人(証券会社)に手続きを委託しますので、株式公開買付(TOB)に応募しようとする株主は、この公開買付代理人の口座に対象株券を移管して、応募の手続きをとる必要があります。株式公開買付(TOB)の応募の手続きについてはこちらをご確認下さい。