東証のガイドラインの見直しについて

「信用取引に係る委託保証金の率の引上げ措置等に関するガイドライン」及び
「『日々公表銘柄』の指定等に関するガイドライン」の見直しについて

東京証券取引所は、信用取引の過度な利用の抑止及び未然防止のため、「信用取引に係る委託保証金の率の引上げ措置等に関するガイドライン」及び「『日々公表銘柄』の指定等に関するガイドライン」を定め、モニタリング機能を発揮し、市場の公正性及び信頼性を確保するための措置を実施しております。

今般、近時の信用取引の利用状況を踏まえ、一層きめ細かい信用取引管理を行うこととし、「信用取引に係る委託保証金の率の引上げ措置等に関するガイドライン」及び「『日々公表銘柄』の指定等に関するガイドライン」を見直し、2017年2月1日から実施されますので、お知らせいたします。

なお、改正の詳細につきましては、下記リンクをご覧ください。

以上