マルサントレードでは、証券市場の公正性・透明性を高めるため、また、投資者の信頼を確保するため、不公正取引の監視と未然防止に努めております。

お客様におかれましては、法令諸規則に違反することなく取引に参加していただくため、以下の「不公正取引」の内容を十分ご理解の上、お取引していただきますようお願いいたします。

相場操縦とは何ですか?

市場において株価などを意図的に変動又は固定させて、その銘柄の取引に他者を誘い込み、その相場の変動等を利用して自己の利益を図ろうとするものです。

作為的相場形成とは何ですか?

実勢を反映しない相場を形成するための取引です。他者を誘い込むような取引でなくても、取引の状況からみて実勢を反映しない相場を作為的に形成したものと客観的に認められる取引は、作為的相場形成に該当します。

具体的には以下のような行為が、相場操縦・作為的相場形成の疑いをもたれることになります。

  1. 仮装・馴合い売買の形態が見られた場合

    1. 対当売買(クロス取引)において、他の投資者に誤解を生じさせる目的をもって、一つの約定につき、買い・売りを一人で発注しているような形態で、権利の移転を伴わない売買等です。それが、利益又は損失確定の目的をもって行われる売買であっても、仮装売買の疑いを非常にもたれやすい取引形態です。
    2. 他者と通謀して、同時期に同価格で自己の買い付け(売り付け)に対して他者が売り付ける(買い付ける)など、特定の顧客間で買い・売りを何度も繰り返す取引形態等(馴合い売買)。
  2. 高関与率が継続されるような場合

    特定の銘柄の売買高の大部分を買い付ける(売り付ける)売買が継続される場合など。

  3. 買い上がり・売り崩しの形態が見られた場合

    特定の銘柄を大量に買い続けて株価を上昇させている場合、逆に売り続けて株価を下落させている場合など。

  4. 高値(安値)形成が行われた場合

    その日の高値や安値をつける注文が続く場合。

  5. 株価固定が見られた場合

    ある銘柄の価格を意図する価格に固定しようと、その銘柄が値下がりも値上がりもしないように調節して売り・買いをしているように見える場合。

  6. 終値関与の形態が見られた場合

    立会終了間際の発注が繰り返され、ひとつ前の異なる値段より高い(低い)値段で終値が付いた場合。

  7. 見せ玉の形態が見られた場合

    はじめから約定の意図のない発注を行い、相場の動きを誤解させる行為。

  8. 風説の流布を行った場合

    特定の株式等の相場を変動させる為、根拠のない虚偽の情報や噂等を流す行為。