空売りとは何ですか?

株券を所有しないで、又は所有している場合であってもそれを用いず、株券を借り入れてその売り付けを行うこと。

空売りの価格規制とは何ですか?

空売り(信用新規売り)注文は、「金融商品取引法施行令」および「有価証券の取引等の規制に関する内閣府令」において、「空売りの価格規制」が設けられております。

具体的には、トリガー抵触銘柄(当日基準価格から10%以上下落した銘柄)は金融商品取引所が直近に公表した価格以下の価格での空売りが禁止されております。ただし、直近公表価格がその直前の異なる価格を上回る場合には、直近公表価格で空売りを行うことが出来ます。なお、トリガー抵触の有無にかかわらず、空売り(信用新規売り)の成行注文は承ることはできません。

  • 個人投資家等の行う1回当たり50単元以内の信用新規売り注文については、上記の「空売りの価格規制」は適用除外とされています。

トリガーに抵触していない場合

成行注文は、取引所のルールにより承ることはできません。また、当日基準価格から10%以上低い価格での信用新規売り注文(指値注文)は失効します。

トリガーに抵触していない場合

トリガーに抵触した場合

当日基準価額から10%以上低い価格で約定が発生した場合、トリガーに抵触します。

トリガーに抵触した銘柄は、取引時間中に抵触した時点から翌営業日の取引終了時点まで、下記の価格規制が適用されます(10%以上低い価格での信用新規売り注文(指値注文)を発注することができます)。

なお、50単元以内の信用新規売り注文は、空売りの価格規制は適用除外とされておりますが、複数回に分けて発注し50単元を超えた場合は、本来51単元以上でまとめて発注すべきものを、空売り規制を回避するために意図的に分割して発注したものとみなされる場合があります。このため、51単元以上の信用新規売りの注文を発注される場合には「分割せず」にまとめて発注してください。

トリガーに抵触した場合

トリガーに抵触した銘柄の一覧は、当日の午後4時30分を目途に東証HPに掲載されます。

空売り残高報告・公表制度とは何ですか?

発行済株式総数の0.2%以上の空売り残高があるお客様は、約定日の翌々営業日の午前10時までにA「空売りをした指定有価証券に係る残高情報」及びB「商号、名称又は氏名及び住所又は所在地」を証券会社を通じて取引所に報告する義務があります(A及びBの届出項目は下記を参照下さい)。お客様におかれましては、当社を通じて報告を行う場合は速やかにお知らせ下さい。

当社では、発行済み株式総数の0.2%以上の空売り残高を有するお客様に関しましては、お客様にA「空売りをした指定有価証券に係る残高情報」及びB「商号、名称又は氏名及び住所又は所在地」をご記入いただき、取引所へ届出を行っております(他社を通じてお届け済みの場合は不要です)。そのため、当社での空売り残高が発行済み株式総数の0.2%に近づいたお客様には、お電話にて他社での保有状況等をお伺いすることがございます。

また、発行済み株式総数の0.5%以上の空売り残高を有するお客様に関しましては、A「空売りをした指定有価証券に係る残高情報」について、取引所のホームページ等に公表されます。

A及びBの届出項目

A(空売りをした指定有価証券に係る残高情報)B(商号、名称又は氏名及び住所又は所在地)

商号、名称又は氏名

住所又は所在地

(個人の場合は都道府県名及び市町村名

又は特別区名)

銘柄(銘柄コードを含む)

残高割合の計算年月日

残高数量、空売り残高売買単位数

残高割合

商号、名称又は氏名

住所又は所在地

(個人の場合であってもすべて記載)

  • 報告水準(発行済株式総数の0.2%以上)の空売り残高に達した後は、空売り残高に変更が生じた結果、0.2%から0.1%刻みで設定する報告水準に達したとき及び変更報告水準を下回ったときも、変更報告が必要です。

51単元以上の信用新規売り注文を何度も出すことは可能ですか?

1回の発注が51単元以上の信用新規売り注文を複数回発注していただくことは可能です。

マルサントレードでは、51単元以上の信用新規売りの注文について、空売りであることを明示して金融商品取引所に発注いたします。注文は取引所に取り次がれた時点で空売りの価格規制についての確認が行なわれ、空売りの価格規制に抵触した場合には金融商品取引所で注文が受け付けられず失効するため、空売りの価格規制にとらわれず注文を発注していただけます。

  • 取引所において空売りの価格規制のチェックが行われるのは、原則、営業日の8:00から前場取引時間終了時および12:05から後場取引時間終了時です。注文を発注された場合は、お客様ご自身が注文照会画面でご確認ください。

短時間に50単元以内の注文を複数発注し50単元を超えたお客様には警告することがあります

1回の発注が50単元以内の注文であっても、複数回に分けて発注し50単元を超えた場合は、本来51単元以上でまとめて発注すべきものを、空売り規制を回避するために意図的に分割して発注したものとみなされる場合があります。

51単元以上の信用新規売りの注文は、分割せずにまとめて発注してください。

マルサントレードは、短時間に50単元以内の注文を複数回に分けて発注し50単元を超えたお客様には、改善していただくようご連絡することがございます。このような注文を繰り返される場合は、お取引を停止させていただくこともございます。ご注意ください。

また、空売り注文を、異なる名義の複数の口座で発注したり、複数の証券会社の口座を利用して発注したりするケースでも、合計で50単元を超える注文となる場合は、空売り規制を潜脱する目的の分割注文とみなすとともに、「なりすまし」や「借名」といった不公正取引の疑念のある注文として、厳しく注意喚起・取引停止等の対応をさせていただくことがあります。

空売りの価格規制に違反した場合の罰則は?

空売り規制に違反した場合、罰則は30万円以下の過料です。