金融商品取引法により、会社関係者(上場会社の役職員又は当該会社と特別な契約関係にある者)及び第一次情報受領者(会社関係者から重要事実の伝達を受けた者)は、未公表の重要事実(株価に大きな影響を及ぼす会社の業務等に関する情報)を利用して、自社の発行する株式等(株式・CB・ワラントなど)を売買することは禁止されております。また、証券会社の役職員が、これらのいわゆるインサイダー取引に該当する売買注文を取り次ぐことも禁止されています。

当社では、お客様の行った取引がインサイダー取引に該当することを未然に防ぐため、お客様が会社関係者(※)に該当する場合、該当銘柄を「内部者登録銘柄」として登録させていただいております。

  1. 会社には上場投資法人(REIT)の発行体、資産運用会社、資産運用会社の主な特定関係法人それぞれの関係者(役員など)を含みます。

お客様が内部者に該当する場合、または変更があった場合は、取引する金融取引業者に届け出ることが義務付けられています。

日本証券業協会規則では、お客様からお届け出がなくても、金融商品取引業者が日本証券業協会の「内部者情報システム」と照合した結果、お客様および同居の方が上場会社役員など内部者に該当することが判明した場合は、規則に従い、証券会社の判断で、内部者のお届け出があったものとして取り扱わせていただきます。

インサイダー取引について(日本取引所グループホームページ)