投資を学ぼう!マルサントレードは「投資を学ぼう」を合言葉に“投資に関する考え方”を提案します。 投資を学ぼう!マルサントレードは「投資を学ぼう」を合言葉に“投資に関する考え方”を提案します。

政府や中央銀行が公表する経済指標は、今後の景気動向を予測する際に重要な目安となります。

また、経済指標の内容によっては株価の動きに影響を与えることがしばしばあるため、経済指標を知ることが大切です。

今回は国内の代表的な経済指標(GDPや日銀短観など)の見方をご紹介いたします。

経済全体の動向が分かる指標


GDP

GDPは、Gross Domestic Product(国内総生産)の略で、日本国内で生産された財やサービスを通じて、どれだけの付加価値が生み出されたかを表した指標です。一国全体の経済規模を表しているため、経済指標の中でも非常に注目度の高い統計といえます。

また、GDPは市場で取引している価格(実際の価格)で集計した「名目GDP」と、名目GDPから物価変動を調整した「実質GDP」の2種類があります。名目は金額ベースでの評価、実質は数量ベースでの評価と捉えることができ、市場では実質GDPが重要視される傾向にあります。

GDPの変化率(経済成長率)を算出する場合は、その成長が一年間続いたらどの程度の成長になるかを示した「前期比年率」、または月ごとに変化する休日数や気温による需要の変動などの季節要因を除いた「季節調整済前期比」が用いられます。

なお、GDPは速報値(一次速報)・改定値(二次速報)・確報値と複数回発表されますが、特に速報値が重要視されます。

作成・発表発表日発表時間重要度

内閣府

四半期

8:50

★★★★

gdp.png

景気動向指数

景気に敏感に反応する経済指標を合成した総合的な景気指標で、主に景気の方向性などを把握するために用いられます。

景気動向指数は、景気の転換点を捉える「DI」、景気がどのくらいの強さで回復または後退しているかを捉える「CI」の2種類から構成されます。また、DIとCIともに、景気に先行して動く「先行指数(先行DI、先行CI)」、景気の現状を示す「一致指数(一致DI、一致CI)」、景気に遅れて動く「遅行指数(遅行DI、遅行CI)」の3つから成り立ちます。

一般的には、基調的に一致DIが50%を上回れば景気拡大局面、50%を下回れば景気後退局面を示すとされています。

作成・発表発表日発表時間重要度

内閣府

毎月上旬

8:50

★★

keikidoukousisuu.png

企業の業績や景況感が分かる指標


日銀短観

全国の資本金2,000万円以上の民間企業から約10,000社、金融機関から約200社を対象に、主に客観的には調査できない「企業の景況感」をアンケート方式で調査したものです。

対象企業は各調査項目について、3つの選択肢(例えば、「良い」「さほど良くない」「悪い」)で回答し、「良い」と「悪い」の差が「業況判断DI」として公表されます。業況判断DIは規模・業種別に分けられており、中でも「大企業・製造業業況判断DI」が重要視されます。

また、日銀短観では業況判断DIのほか、雇用、企業金融、売上・収益計画や設備投資計画等なども公表されます。

作成・発表発表日発表時間重要度

日本銀行

4月初、7月初

10月初、1月初

8:50

★★★★

gyoukyouhandan.png

法人企業統計

法人企業の財務状況について調査した統計で、設備投資の動きを示す代表的な指標です。

法人企業統計には、年度ごとに実施される「年次別調査」、資本金1,000万円以上の企業を対象として四半期ごとに実施される「四半期別調査」の2種類があります。市場では、速報性の観点から「四半期別調査」が重要視されます。

また、調査項目は設備投資のほか、企業収益や在庫投資など広範にわたって資本金別や産業別にデータを集めており、GDP二次速報(改定値)の作成時における民間企業設備や民間在庫投資の基礎統計としても利用されています。

作成・発表発表日発表時間重要度

財務省

9月初旬、12月初旬

3月初旬、6月初旬

※年次は9月初旬

8:50

★★★

houjinkigyoutoukei.png

海外との取引(モノやサービス)が分かる指標


貿易統計

貿易統計は、貨物が税関を通過する際に提出される申告書を調査し、地域別・商品別に輸出と輸入(以下、輸出入)の動向を公表する統計です。

輸出入金額は、「金額」と「価格」が公表され、それらを基に「数量」が算出されます。輸出入の価格や金額は為替レート等の影響を受けやすく、数量は為替レート等の影響をあまり受けず海外や国内の需要の強さを測ることが出来ます。そのため、輸出入金額を見るときは、価格と数量の双方を見ることが大切です。

作成・発表発表日発表時間重要度

財務省

毎月中旬

8:50

★★★


輸出数量指数・輸出金額指数(日本対世界)

yusyutusisuu.png


輸入数量指数・輸入金額指数(日本対世界)

yunyuusisuu.png

国際収支統計

国際収支とは、海外との経済取引を種類毎に集計し、モノやサービス、お金の流れを包括的に把握した統計です。

国際収支の中で重要となる「経常収支」は、貿易収支・サービス収支・所得収支・経常移転収支の4つに分けられます。貿易収支とサービス収支を合算した「貿易・サービス収支」はGDPの純輸出(=海外需要)にあたり、貿易・サービス収支の数値がプラスであれば輸出超過の状態を示しています。

また、外国為替相場と貿易収支には一定の相関性があり、輸出超過の場合は円安・ドル高、輸入超過の場合は円高・ドル安の要因とされています。

作成・発表発表日発表時間重要度

財務省

毎月中旬

8:50

★★★

kokusaisyuusi.png