投資を学ぼう!マルサントレードは「投資を学ぼう」を合言葉に“投資に関する考え方”を提案します。 投資を学ぼう!マルサントレードは「投資を学ぼう」を合言葉に“投資に関する考え方”を提案します。

PBRの使い方

PBR(株価純資産倍率)

PBR(株価純資産倍率)は、資産面からみた割安度を測る指標です。

企業が解散(清算)した場合に得られる現金(資産を現金化)と現在株価のどちらが大きいかを示し、PBRが低いほど割安、高いほど割高と判断します。PBRには1倍という基準があり、1倍未満の場合は保有資産から見て株価が割安、1倍超の場合は保有資産から見て割高と見るのが一般的です。

PBRは以下の式で求めることができます。

PBR(倍) = 株価 ÷ 1株当たりの純資産(BPS)

PBRの考え方

株価 500円、BPS 1,000円のA社

企業

上記は、PBR0.5倍になりますが1株あたり純資産よりも株価が安いケースです。

資産面から見れば、1株あたり純資産と同程度まで株価が買われても良いと考えられるため、PBR1倍割れは割安と判断します。

ポイントや注意点

割高、割安の判断基準は1倍

1倍未満の場合は割安、1倍超の場合は割高と判断します。しかし、実際の株価は資産だけで測るものではなく、成長性や業績などを含めて評価されます。判断材料の1つとして使うのが良いでしょう。

赤字企業の判断にも使える

PBRは純資産を使用するため、赤字企業でも割高・割安の判断ができます。

利点の1つですが、上述したように株価は資産だけで評価されるものではないため、PBRだけで判断することはできません。

算出に用いるBPSは実績値のため注意が必要

実績値を用いるため、決算発表前はBPSが変わりません。

債務超過(負債総額が資産総額を上回ること)などにより株価が急落した際、決算発表が行われるまではBPSに変化がないため、PBRが見た目上割安となるので使用する際には注意が必要です。

日経平均とPBR

日経平均とPBR

PBRは、日経平均などの株価指数でも算出できますが、個別銘柄とは異なり、1倍を割れることはあまりありません。

日経平均のPBRは、リーマンショック後に1倍割れを記録していますが、95年7月以降の平均値が1.58倍、2019年5月9日現在は1.09倍です。

1倍割れではありませんが、資産面から見た日経平均は割安感があると判断できます。