投資を学ぼう!マルサントレードは「投資を学ぼう」を合言葉に“投資に関する考え方”を提案します。 投資を学ぼう!マルサントレードは「投資を学ぼう」を合言葉に“投資に関する考え方”を提案します。

ROAの使い方

ROA(総資産事業利益率)

ROAとは企業の総資産を活用し、どれだけ効率的に利益を上げているのかを示す指標です。数値が高ければ高い程、効率性が高いと判断するのが一般的ですが、絶対的な基準はなく、「何%なら効率性が低く、何%なら効率性が高い」といった判断は銘柄や業種で異なります。

ROAは以下の式で求められます。

ROA(%) = 事業利益 ÷ 総資産

  1. 上記で分子を「事業利益」と記載していますが、「事業利益=営業利益+受取利息等」を指します。
  2. ROAを算出する際、分子に事業利益ではなく、経常利益や純利益を置くことがありますが、全体的な利益を見る視点から事業利益を用いるのが望ましいといわれています。

ここで、ROAの式で出てきた総資産について触れます。

ROEとROAの分解式

総資産は、図で分かる通り「自己資本+他人資本(負債)」で、株主の持ち分である自己資本と、銀行からの借入金など他人資本も使って企業が過去に積み上げてきた工場や店舗、在庫、現金などの資産が含まれます。

設備投資など積極的に行い借金をしている企業であれば、負債が多くなるため総資産が増加しROAが低くなる傾向があります。

ポイントや注意点

株価の割安度を示す指標ではない

ROAは、PERやPBRのように株価の割安度を測る指標ではありません。

ROAが高くなる

ROAを高くするには、分子の事業利益を増やす、分母の総資産を減らす、もしくはその両方が必要です。

分子である利益を増やすための企業活動として「値上げ、コストの削減」などが挙げられます。
分母である総資産を減らすための企業活動として「固定資産の売却、売掛金の整理」などがあります。

ROAの分解式

ROAは先述した通り「事業利益 ÷ 総資産」で求められますが、ROAの高低だけでは判断が難しいため、分解式でその中身をより詳しく見る必要があります。

下記の式は、ROEとROAの分解式ですが似たような式であることが分かります。

ROEとROAの分解式

また、ROAの分子には「事業利益」ではなく「当期純利益」とする場合もあり、ROEとROAの違いは正確ではないですが大雑把に見て、式に「財務レバレッジ」があるかどうかです。財務レバレッジは、他人資本(負債)を使って、自己資本の何倍の資産を事業に投下しているかを示しています。ROAは、「財務レバレッジ」が無いためより実態に近い資産の効率性が分かると言えます。

下記は、ROEとROAを使用した分析例です。

ROEとROAを使用した例題

借り入れ等で財務レバレッジを高める(自己資本の比率を減らす)ことで、ROEの上昇が見込める一方、会社全体の資産効率で見たROAは低下します。ROAは、企業がどのように資金を調達しているかによって数値が異なるため、明確な基準はありません。設備投資等のために借り入れを積極的に行っている企業は、総資産が膨らみ、ROAが低くなる傾向にあります。

また、上記の例を見ると、A社、B社ともに同じROEです。しかし、ROAで見た場合、A社が12.5%であるのに対し、B社は50%と4倍近い差があることが分かります。ROAが高い(自己資本比率が高い)B社の方が財務リスクが低減するということから注目されやすい傾向にあります。

ROAランキング

スクリーニング条件

・2019年3月期以降、事業利益が算出でき、比較可能な2,941銘柄を対象に作成。

・業績予想は日経予想を使用、データは8月20日時点。

・2019年3月期本決算の営業利益が黒字。

・今期営業増益。(※)

・株価が100円以上。

・並び順は、ROAの数値が高い順。

  1. 2020年3月期の受取利息等の予想数値が取得できないため営業増益を条件にしています。
ROAランキング