投資を学ぼう!マルサントレードは「投資を学ぼう」を合言葉に“投資に関する考え方”を提案します。 投資を学ぼう!マルサントレードは「投資を学ぼう」を合言葉に“投資に関する考え方”を提案します。

為替ヘッジ

第6章では為替ヘッジありと為替ヘッジ無しの違いについてご紹介いたします。
為替ヘッジが「ある」のと「ない」のとではどう違うのか、仕組みや効果はどのようなものなのか見ていきましょう。

株式や債券などの運用について悩み
リスクや不安

そもそも「為替ヘッジ」とはなんですか?

投資対象に海外資産を組み入れている投資信託の場合、基準価額は投資信託の資産価格の変動に加え、為替レートの変動の影響を受けます。このような為替レートの変動によって基準価額に与える影響を受けないようにする(低減を図る)手法のひとつを為替ヘッジといいます。

為替ヘッジは、今の時点であらかじめ「為替予約取引」等を活用し、将来の為替レートを決めておく(予約する)ことで、為替変動によるリスクの低減を図ることをめざします。これによって為替の値動きを心配することなく運用が行えるというわけです。

  • 為替ヘッジを行うには費用がかかります。

為替ヘッジする場合としない場合の特徴

為替ヘッジをする場合為替ヘッジしない場合
円高になったら 為替差損の低減が期待できる 為替差損が発生する
円安になったら 為替差益は享受できない 為替差益が発生する

将来の通貨がどうなるか分からなくても、約束した時点でのレートで交換できる仕組みなどがあるのがわかりました。円高になっても為替ヘッジをすることで影響を小さくできるのですね!

「為替ヘッジあり」投資信託のメリットとデメリットとは?

「為替ヘッジあり」の投資信託は為替リスクを避けることが期待できます。円高になれば為替差損を低減することが期待できるということです。

海外への投資は「投資地域の分散」と「投資通貨の分散」というメリット(効果)があります。「為替ヘッジあり」の投資信託を選ぶと、為替の差損を避けられますが、「通貨の分散」効果がなくなり、為替差益の享受が期待できなくなります。

「為替ヘッジあり」は円高になった場合に為替の変動リスクを低減することが期待できるのですね!

「為替ヘッジなし」投資信託のメリットとデメリットを教えて?

「為替ヘッジなし」の投資信託は「為替ヘッジ」をしないので、為替相場の影響を受けることになります。為替レートは変動し、円高になったり円安になったりします。「為替ヘッジ」しない場合、為替相場によってプラスに働く場合があります。

プラスに働く場合は、円の価値が外国通貨の価値より低い場合です。すなわち円安の時に「為替差益」の享受が期待できます。

「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」の特徴が分かりました。将来の為替の変動も考えて投資するのですね、勉強になったわ!

「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」の主な特徴

「為替ヘッジあり」「為替ヘッジなし」
為替相場の影響 低減する 受ける
ヘッジコスト かかる場合が多い かからない
通貨の分散効果※ なし あり
  • 通貨の分散とは複数の通貨を組み合わせて投資することで為替の変動による影響を受けないようにする手法のひとつ。異なる値動きをする通貨に分散して投資することでリスク分散の効果が期待できます。

為替ヘッジありのファンド一覧

「ヘッジコスト」とはなんですか?

「為替ヘッジ」を行うには費用がかかります。この費用はヘッジコストと呼ばれています。ヘッジコストは投資家が直接支払うものではありませんが、信託財産から支払われるため基準価額に影響を与えます。

 ヘッジコストは、為替ヘッジを行う通貨の金利と円の金利の差で、米国ドル建ての資産に対して為替ヘッジを行う場合、ヘッジコストは日米の金利差に相当します。一般的にヘッジコストは相手国との短期金利差が反映され、投資先の金利が高い国であれば、その分ヘッジコストは高くなります。

円の短期金利が米ドルの短期金利より低いケースのヘッジコスト(イメージ)

円の短期金利が米ドルの短期金利より低いケースのヘッジコスト(イメージ)

上記はイメージです。上記のヘッジコストは簡便法によるものです。ヘッジコストの決定要因は上記に限定されるものではありません。投資対象資産が米ドル建ての場合としてご説明をしています。

ヘッジコストとは金利差なのですね。為替ヘッジを行う国の通貨の金利より円の金利が低いと為替ヘッジをする為の費用が発生するという仕組みがわかりました!

まとめ!「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」とは...

「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」は、どちらもメリットとデメリットがあることがおわかりいただけたしょうか。為替相場の影響を受けずに、海外株式や海外債券などの収益を求める場合は「為替ヘッジあり」のタイプ、為替差益も収益として加えたい場合や、通貨の分散を図りたい場合は、「為替ヘッジなし」のタイプの投資信託をご検討いただき、ご自身の資産運用の方針にあったタイプを選ぶことが大切です。

なるほど!
「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」の投資信託のことが良くわかりました。
いろいろな投資信託があって投資の魅力が理解することが出来たわ。