投資を学ぼう!マルサントレードは「投資を学ぼう」を合言葉に“投資に関する考え方”を提案します。 投資を学ぼう!マルサントレードは「投資を学ぼう」を合言葉に“投資に関する考え方”を提案します。

投資信託とは...

「投資信託って何?」「興味があるけど難しそう...。」投資信託についてよく分からない方や初めて購入する方のために、これだけは知っておきたい!という投資信託の基礎知識をご案内いたします。投資信託をしっかり理解した上で賢く活用すれば、お客さまの資産を育てる強い味方になってくれます。

株式や債券などの運用について悩み
リスクや不安

そもそも投資信託ってなに??

投資信託とは
多くの投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめて、運用方針に基づき、国内・海外の市場で取引されている株式や債券などに分散して投資し、その収益を各投資家の投資金額に応じて分配する仕組みの金融商品です。

投資信託は少額の資金からはじめられると聞いたのだけど??

いくらから購入できるかは、投資信託によって異なりますが、1万円程度から購入できます。少額から投資できるのが大きな魅力です。

<投資信託で資金を運用すると>

投資信託で資金を運用すると

「分散して投資する」ことでメリットはあるんですか?

例を挙げて説明すると・・・・
1つの銘柄だけに投資をしていた場合、企業の倒産や株価が値下がりすると、その影響をそのままに受けてしまい大きな損失を負う事になります。
複数の銘柄に資金を分けて投資したり、債券、リートなどの異なる金融商品に資金を分けて投資したり、異なる地域の金融商品に資金を分けて投資をすることで値下がりのリスクを分散、軽減することができるのです。

投資した資金は保証されているの??

投資信託の運用が上手くいって利益が得られることもあれば、運用が上手くいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。投資信託の運用によって生じた利益や損失は、それぞれの投資金額に応じて全て投資家の皆さまに帰属します。つまり、銀行の預金とは異なり、投資信託は元本が保証されている金融商品ではありませんので、この点は注意が必要です。

投資信託は、少額の資金ではじめられること、分散投資でリスクの軽減を図っていること、元本が保証されている商品ではないことがわかりました。

投資信託の仕組みってどうなっているの?

投資信託は、投資家から集めた資金を元に「証券会社(販売会社)」、「運用会社(委託会社)」「信託銀行(受託会社)」の3つの会社が役割を分担し、運用しています。

<契約型投資信託(委託者指図型)の仕組み>

契約型投資信託(委託者指図型)の仕組み

◆証券会社(販売会社)
投資信託の販売や換金、分配金・償還金の支払いなどを行います。

◆運用会社(委託会社)
投資信託を作り、投資家から集めた資金を運用します。
どのように投資するのかを考え、受託会社に対して運用を指図します。

◆信託銀行(受託会社)
投資家から集めた資産を保管・管理します。
運用会社からの運用指図に従い、株式や債券などの売買や管理を行います。

投資信託の信託財産は信託銀行(受託会社)が管理・保管しています。信託銀行(受託会社)は投資信託の信託財産を自己の会社の財産とは別にして管理することが義務付けられているため、証券会社・運用会社・信託銀行のいずれかの会社が破綻してもお客様の投資した信託財産は守られます。

なるほど!
万が一いずれかの会社が破綻しても大丈夫なのですね。
投資信託の仕組みも理解できたし、安心しました。

どのような種類の投資信託があるの?

ひとくちに「投資信託」といっても、何に投資するのか、国内か海外かなど、投資信託にはさまざまな種類があります。

投資信託の投資の対象となる主な金融商品は、株式、債券、不動産投資信託(リート)です。投資方針によって、さまざまな投資信託に分かれます。

投資信託の投資対象

投資対象がひとつだけではなく、複数の金融商品にバランスよく分散投資する投資信託もあります。資産複合と呼ばれています。

資産複合

つぎは、投資対象地域はどうなっているか見てみましょう。
日本や米国、欧州をはじめとする先進国のほか、アジアや中南米などの新興国も含め、世界各国・地域を投資対象とする投資信託があります。

世界各国の地域へ投資

<投資対象と地域での分類表>

投資対象と地域での分類表

バランスよく分散投資する投資信託など、
たくさんの種類があるのがわかりました。
あとは、私にぴったりのファンドがあるのか楽しみだわ!

ところで、投資信託にかかるコストと税金はどうなってるの?

投資信託を購入して売却するまでにいろいろな費用がかかります。どのタイミングで費用がかかるのかを確認しましょう。

投資信託を購入する時には、お客様は購入時手数料を販売会社に支払います。運用期間中には、運用管理費用、諸費用がかかります。これらは信託財産から差し引かれます。売却時には、信託財産留保額がかかる場合がございます。

<投資信託にかかるコスト(費用)>

投資信託にかかるコスト(費用)

◆購入時手数料(お申込手数料)
購入時手数料は、投資信託を購入する際にかかる手数料です。買い付け金額に各販売会社の所定の申込手数料率を乗じた金額となります。ただし、ノーロード投信といって、お申込手数料のかからない投資信託もあります。

◆運用管理費用(信託報酬)
投資信託の運用と管理の対価として投資信託の財産から支払われる費用のことです。販売会社・委託会社・受託会社にそれぞれに支払われます。

◆諸費用
その他の費用として、ファンドに組み入れられている有価証券を売買する際に発生する売買委託手数料や信託事務の諸費用、監査費用などが投資信託の財産から差し引かれます。

◆信託財産留保額
途中換金による有価証券の売却などのコストを、ファンドを売却する投資家に負担してもらうもので、ファンドを売却する際に差し引かれます。

<投資信託にかかる税金>

投資信託かかる税金については、分配金にかかる税金と、売却時にかかる税金があります。分配金については、投資信託の運用益から支払われる分配金には税金(20.315%)がかかります。払い込んだ資産を原資とする分配金には税金はかかりません。売却時には譲渡益に税金(20.315%)がかかります。なお、少額投資非課税制度「NISA」を利用した場合には分配金・譲渡益ともに税金はかかりません。

なるほど!投資信託にはいろいろな費用がかかることが良くわかりました。投資信託ってなんだか難しいなと思っていましたが、理解することが出来たわ。