信用取引の買い建玉(たてぎょく)の返済方法の1つです。品受(しなうけ)とも呼ばれます。

買い建てている銘柄を売却せずに別資金で融資を受けている資金(建て代金)を返済し、買い建てていた銘柄の現物株を受け取る方法です。

また、買い建玉の返済方法には「返済売り(へんさいうり)」という方法もあります。

返済売りと現引きの違い

A銘柄を建て単価800円で1,000株を新規買い(A銘柄1,000株を買うために80万円の融資を受けている)
返済売り
  • 買い建てている銘柄を市場で売却し、その売却代金で建て代金を返済
  • 返済時の株価が建て単価よりも高い場合は利益(株価1,000円で1,000株の返済売りの場合、売却代金100万円から建て代金80万円を返済、残った20万円が利益)
  • 返済時の株価が建て単価よりも安い場合は損失(株価500円で1,000株の返済売りの場合、売却代金50万円では建て代金80万円を返済できないため、別資金から30万円を充当して返済、充当した30万円が損失)
現引き
  • 買い建てている銘柄は売却せず、別資金で建て代金を返済
  • 建て代金を返済した時点で、買い建てていた銘柄の現物株を受け取る
  • 現引きに必要な金額は、「建て代金+金利等の諸経費」
    (この表の事例に当てはめると、80万円+金利等の諸経費)
  • 現引きした時点では実現損益無し(受け取った現物株を売却したときに実現損益が発生)
  • 表中に記載の損益は、株式手数料や諸経費等を考慮していない

用語集トップへ